膝に水がたまる症状の原因・治療法の解説

膝に水が溜まる症状の原因、膝の水の正体、膝の水を抜くべきかどうか?など膝に水がたまる症状に関する情報のみを専門的に解説。

◆膝に水がたまる症状の原因・治療法の解説

⇒治療法・処置法について
⇒発症しやすい年代データ
⇒MENU一覧

◆治療法・処置法について

 膝に水がたまり、関節の運動制限などが発生している場合は、一時的に
●関節内の水を取り除く
●炎症を抑える為の関節ない注射を打つ
 などの処置を行う事が有効な処置となります。

 但し、ここで注意したい点は、関節内の症状を改善しない限り関節液は再度、大量に発生しはじめる傾向にあるという点です。

 関節内に異物が存在していたりすると炎症は慢性的に続きます。

 ですから、まずは炎症を抑制させる事を先決に行い、それでも溜まってしまった関節液だけは取り除きながら治療を行っていく事が根本的な治療法法となります。

 尚、関節内注射では、
●ステロイド注射
●ヒアルロン酸注射
 の2種類の関節注射が基本となります。

◆発症しやすい年代データ

 膝に水が溜まる症状は、その発症原因から
●どのような人がかかりやすいのか?
 という傾向が明確に現れます。

 まず、「変形性膝関節症」「関節リウマチ」 などが原因で関節液に異常が生じて膝の関節液が大量に分泌されているケースでは
●8割以上が女性に発症
●年代は50代以上が大半
●過度の肥満体質
 などの傾向が顕著に現れます。

 また、半月版の損傷などによって関節内に異物が混入し炎症を発症しているケースでは
●成長期の子供
●膝に負担の多いスポーツ競技などを実践している子供、成人
 がその大半を占めるのが特徴です。

<<前のページ | 次のページ>>